ポンコード 青森らいん

先週ヒアリングしたのは、青森らいんまさしく青森らいん、いつもはサクラの正社員をしている五人の男!
欠席したのは、メンキャバを辞めたAさん、ポンコードこの春から大学進学したBさん、売れっ子芸術家のCさん、某芸能プロダクションに所属したいというDさん、芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「まず最初に、ポンコード辞めた原因から教えていただくことにしましょう。Aさんからお話しくださいますか」
A(メンズキャバクラ勤務)「ボクは、女心が知りたくて始めたいと思いました」
B(大学2回生)「小生は青森らいん、ガッツリ儲けられれば何でもいいと思えず始められませんでしたね」

要は、ポンコード 青森らいんがないんでしょ?

C(クリエイター)「わしはポンコード、シャンソン歌手をやってるんですけど、まだ素人同然なんで少ししか稼げないんですよ。有名になる為には大きな所でなくてもこつこつ下積みするのがベストなんでポンコード、、青森らいんこういうバイトでもやりながら、当面の間アンダーグラウンドな経験をしようと思って」
D(某芸能事務所所属)「ボクはポンコード、○○ってタレント事務所で芸術家を育てるべく奮闘しているのですが、青森らいん一度のコンサートでわずか500円しか貰えないんで…先輩に教えていただいたサクラのバイトを始めたんです」
E(お笑い芸人)「実際は、うちもDさんとまったく似たような感じで、コントやって一回多くて数百円の楽しい生活してるんです。先輩に教えていただき青森らいん、ステマのアルバイトをしなければと考えました」
意外にも、五名のうち三名がタレントプロダクションに所属中という贅沢なメンバーでした…青森らいん、なのに話を聞く以前より、五人にはステマ独自のおもしろエピソードは無さそうでした…。